知る人ぞ知る売り専のお店で自分の好きなボーイを選んで遊ぼう!

SITEMAP

売り専
2017年01月30日
タイプも選べる売り専で遊ぼうを更新しました。
2017年01月30日
売り専を初めて利用する際にを更新しました。
2017年01月30日
売り専のお店はイベントも人気ですを更新しました。
2017年01月30日
売り専は男性と男性の世界を更新しました。

売り専ボーイの魅力について

ボーイと呼ばれることもありますが、売り専ボーイとも呼ばれるのが男性相手に性的なサービスを提供する男性達です。売り専ボーイが在籍するハイレベルな店というのは都内などにはあるものの、なかなか地方にはありません。地方の方でも旅費を出したり交通費を出したり、日数をかけてでも都内に来たくなるような魅力を紹介していきます。
まず、粒ぞろいであることは重要です。どうしても売り専ボーイのタイプが偏ってしまいがちなのですが、都内のある店ではアイドルや俳優のような顔立ちの男性ばかりで、尚且つ腹筋が割れているような細マッチョの男性も多いという、利用者の好みが分かれる部分を選べるほどの粒ぞろいな売り専ボーイ達が利用者の指名を待っています。業界に慣れていない売り専ボーイも多いというのも魅力といえるでしょう。
大学生ぐらいの年齢の男の子が多いので、男性経験がほぼないとか、事情があってお金のためだけに仕事をしているというノンケの男の子もいるので、男性好きではないという男の子を狙って、自分色に染めてみたいとか、男性の良さを教えてあげたいという方にもお勧めです。遠いところから都内に来た場合は長時間お気に入りの子と過ごしたいと思われるでしょう。お泊りコースという10時間以上一緒にいられるコースもあり、料金もホテル代を含めても50000円もあれば足りるので、せっかくなら利用することも考えてみてください。

売り専とはなんでしょうか

売り専とは主にゲイの人に使われる用語です。性の対象が男性である男性が一般的にはゲイと呼ばれますね。一昔前ならホモやオカマという呼ばれ方をしましたが、今はゲイのようです。そういう男性が夜に、風俗のようなところで遊びたいと思ったとします。
風俗でなくても、性の対象が男性である場合は、女性ではなくて男性と遊びたいですよね。 そういう人のために売り専というものがあるらしいです。主にそれらは飲食店にあるようです。普通はバーと呼ばれる店のようですが。男性がそこに行き、気に入った男性を選んで、という手順を踏みます。まあ、夜に女性と遊びたい男性がとる行動と同じようなものですね。そういう遊びたい男性を対象にしたお店が繁華街にはあるわけですが、ゲイ向けのものもあるという話です。
売り専というのは、主にイケメンな男性を指すようです。そして年齢は20代ぐらいの若い男性です。明確な決まりはないと思いますが、若くて容姿のいい人が好まれるのは、男性でも女性でも同様でしょう。売り専は、東京のある巨大で有名な繁華街で利用されているのが、有名なようです。ただ、これは法律としては、グレーなところもあるようです。女性のいるお店もそうだと思いますが。利用する男性はその辺りは注意した方がいいでしょう。

売り専の青年は夜の街で春をひさぐ

売り専バーは主に同性愛者の男性向けの店です。どちらも男性同士である為に法の摘発はされない、合法の営業となります。
店内にはカウンターがあり客が入店すると注文した飲み物を飲みながらカウンター内などに待機している好みのボーイを指名し、店外にというのが一般的かつ基本的なシステムになります。個室を設けている売り専バーも多く、話して気分が盛り上がったらそのままという事も多いです。料金は六十分で一万三千円~二万前後と地域などによっても様々あります。昔はこういった売り専バーで働いているボーイたちは売りしかせず性的嗜好はストレートである、つまりノンケで男性同士の恋愛はしないという意味合いから売り専と呼ばれていました。
在籍するボーイたちは年齢は二十歳そこそこの若い男性も多く店のカラーによって若くて可愛い系や体育会系、ネコやタチができるかなど細かく決まっています。今は大抵の売り専バーがホームページを作っているのでチェックしておくといいでしょう。プロフィール欄にどんなプレイまで可能かなどが載っています。バーが密集しているのはやはり有名な新宿二丁目などのゲイスポットです。
最近は店舗経営の他にネットで店に在籍しているボーイを客が指名してホテルなどで楽しむ、出張ホストのシステムを取っている売り専も増えています。

UPDATE CONTENTS

TOP